雑録

ウマ娘「アグネスデジタル」シナリオの感想・レビュー

大好きなウマ娘ちゃんの推し活のために芝とダートの両方を選ぶ少女の話。
アグネスデジタルウマ娘の業界推し。少女たちの関係性を尊ぶ腐女子系ヲタク!
推しと一緒の空気を吸いたい一心でトレセン学園に入学するもその進路で悩んでいた。
芝を選べばダートのウマ娘と走れず、ダートを選べば芝のウマ娘と走れない。
だったら走らずに見ているだけでいいじゃないか!と選抜レースへの登録を先延ばし。
そんな悩めるデジたんに対しトレーナーさんは両方できる道を指し示す!
デジたんはヲタクな自分と共に歩んでくれるトレーナーさんにきゅんきゅんしフラグは成立。
ウマ娘聖地巡礼はコンテンツツーリズム研究でも注目すべき事例だと思った。

アグネスデジタルのキャラクター表現とフラグ生成過程

f:id:r20115:20210920210240j:plainf:id:r20115:20210920210244j:plain

  • デジたん、オールラウンダーになる決意をする
    • アグネスデジタルは関係性に萌えるウマ娘。箱推しならぬ業界全体推しで三度の飯よりウマ娘ちゃんが大好きな腐女子系ヲタク。twitterでいつも現れるのでウマ娘で一番有名なキャラと言っても過言ではないでしょう。そんなアグネスデジタルシナリオでテーマとなるのが芝とダートの選択肢。揺れ動き悩むデジたんですが、せっかくだから両方走るぜ☆を選びます。そもそもデジたんはキラキラしたウマ娘たちを間近で見ようとトレセン学園に入学したのですが、芝とダート両方の適性がありました。またウマ娘たちの推し活をすることで鍛えられ、芝とダート、両方で結果を出せるようになっていたのです。しかしデジたんはどちらかを選ばねばならないという固定観念に囚われており二者択一できないのならレースには出ずに見ているだけでいいと思い込んでしまうのです。そんなデジたんに芝とダート、両方の道を示してあげればフラグは成立。オールラウンダーを目指すことで、芝でもダートでもウマ娘ちゃんたちを間近で見られることに気付いたデジたんは、見事覚醒!選抜レースでその高い実力を示したのでした。スカウトの声がかかるなか、トレーナーさんに予約済みと口走ってしまうデジたんが最高に可愛いですね。

 

f:id:r20115:20210920210326j:plainf:id:r20115:20210920210330j:plain

  • トレーナーさんがデジたん推しだったことに気付いた時のデジたん可愛い
    • アグネスデジタル√に入ると、二人で推し活を始めます。ダスカウオッカやブルボンライスの尊みを語り合う二人。デジたんにとって、ヲタ活を楽しく一緒に出来る相手というのはとても貴重な存在でした。デジたんはぼっち系のヲタクであり、誰かと一緒にいると空気を悪くしてしまうことを異常に気にしていたのです。それがどうでしょう。トレーナーさんとなら、推し語りもできるし聖地巡礼もできます。二人で推し活を楽しんでいますが客観的に見ればこれはデートといっても過言ではないでしょう。アニメ2期をパロってデジたんが早口で語りだし、トレーナーさんが「どうした急に」をやる所はグッときました。そんなデジたんでしたが、ある時トレーナーさんがかけがえのない存在だと意識し始めてしまいます。そのため、いつも自分に付き合わせてしまっているので、トレーナーさんがやりたいことに付き合おうという気分になるのでした。しかしトレーナーさんからはかえって怪しまれてしまいます。理由を問われたデジたんは正直に話すのですが、トレーナーさんから返ってきた言葉はデジたんにイキイキして欲しいというもの。このイキイキしたウマ娘を見たいという感情はデジたんが普段推しに抱いている感情だったのです。即ち、トレーナーさんにとって推しはデジたんその人であった!というオチ。これに気付いたデジたんが感情を持て余すシーンはまさに最&高。自分の好きな人に推されていたことに気付いたデジたんがとてもかわいいです。

 

アグネスデジタルかわいい特集

f:id:r20115:20210920210248j:plainf:id:r20115:20210920210254j:plain
f:id:r20115:20210920210314j:plainf:id:r20115:20210920210318j:plain
f:id:r20115:20210920210322j:plainf:id:r20115:20210920210335j:plain
 

ウマ娘に起因するコンテンツツーリズムについて

f:id:r20115:20210920210258j:plainf:id:r20115:20210920210302j:plain

  • デジたんとの聖地巡礼デート
    • アグネスデジタル√のデートイベントで題材となっていた一つにコンテンツツーリズムがありました。それ即ち聖地巡礼。元ネタとなったウマ娘がいる牧場に行くことを始め、ウマ娘に関するエピソードのある場所も訪問。さらにはレースが行われる競馬場には律儀に現地へ参戦し、そのウマ娘分を堪能します。ウマ娘というコンテンツによって競馬が盛り上がるだけでなく、牧場にまで影響を及ぼしているのですね。(勿論、全てのコンテンツに言えることですが、聖地巡礼の際のマナーの悪さも現実世界では発動しています。牧場に行ったオタクたちが悪影響を与え叩かれる事例も散見されております)。しかしながら人口減少が進む日本において新しい層を取り入れねば業界が衰退することは目に見えているわけでして、嫌悪し排斥するだけだと廃れる一方です。お互いが妥協点を探って落ち着いた雰囲気が醸成されるといいですね。そんなわけでデジたんと行くコンテンツツーリズムの旅は色々なことを示唆してくれたのでした。

f:id:r20115:20210920210306j:plainf:id:r20115:20210920210310j:plain

関連