雑録

フユキス 体験版の感想・レビュー

お人よしな主人公が攻略ヒロインに体よく利用されてしまうのを眺めるだけの話。
物語の目的が提示されずテーマ性も無く、攻略対象とイチャコラするだけのキャラゲー
しかし肝心のヒロインたちが余りかわいいとは思えず、魅力も感じられないのが痛いところ。
イメチェンした元根暗、カマトトぶりっ子後輩、ええかっこしいの生徒会長先輩の3人。
媚び媚びした声優がライターの「おじさん構文」テキストを読み上げる演技がとても辛い。
戯画のキスシリーズは戯画マインとして有名だが本作も地雷になりそうな気配が濃厚。

今回の戯画マインキスシリーズも地雷臭が半端ない

f:id:r20115:20210624004300j:plain

  • 【1】もはや戯画がどこまでキスシリーズを続けるのかが見どころ!
    • 戯画のキスシリーズと言えば戯画マインとして有名であり、鳴かず飛ばずの学園モノキャラゲーを粗製乱造しています。キスシリーズで唯一まともだったのは専門分野「美術/芸術」を上手く扱ったキスアトくらいと言えるでしょう。シナリオやキャラの掘り下げに美術要素が絡んでおり、味わい深い作品となっていました。それ以外は平凡な作風が多いキスシリーズですが、本作も地雷と覚悟しつつも踏みに行くチャレンジャー多数。私はとてもそんな気になれないので、シナリオが良かったら買うから後で教えてくださいという評価待ちかな。
  • 【2】イメチェンした元根暗少女
    • 体験版をやった限りでは、攻略ヒロインに一ミリも魅力を感じられなかったので残念。人によって合う合わないがあるので、こういうヒロインが好きな人もいるのでしょう。メインヒロインはイメチェンした元根暗少女で主人公に対して最初から好感度マックス。主人公に振り向いてもらうためにイメチェンもしたのに、主人公は古式ゆかしい鈍感難聴朴念仁であり、それに気づかず華麗にスルー。根暗な女の子が頑張ってる感を出そうとして、びくびくオドオドしながらも勇気を出す姿を見せることで、健気かわいさを提示しようとしています。時折出る道産子方言で芋臭さが残存しており、そのギャップ性で魅力を加算させようとしています。主人公はイメチェンしたメインヒロインにかわいい、かわいい言っておだてるのですが、肝心のメインヒロインの好意には全く気が付かない!!そんな主人公に耐えられるかも勝負の分かれ目。
  • 【3】カマトトぶりっ子後輩
    • 二人目のヒロインはカマトトぶりっ子後輩。このキャラの声優の演技が非常に鼻につくものだったので、個人的に受け入れられませんでした。大変申し訳ございません。主人公に擦り寄ってくる声が酷い。そしてこのキャラには必殺「おじさん構文」が付与されており、語尾にハートマークなどの絵文字がつくテキストが量産されております。それを猫撫で声で読み上げていくのだから、さぁ大変。苦行。このライター、よくこんなオジサン構文を思いつけるなと逆に関心してしまうレベル。もしこれが後輩ヒロインによる、主人公をアッシーやサイフにするための、メスガキ的戦略から来ているものだったら、評価できるかもしれません(流石にないか)。
  • 【4】見栄っ張り生徒会長は承認欲求まみれで勝手にストレス溜め込む
    • 三人目のヒロインがええかっこしいで見栄っ張りの生徒会長。自ら他人に頼られるのを好んでいながら、何でもかんでも押し付けるなと叫び出すという矛盾した行動を取り、一人でストレスを抱えているヤヴェー女です。頼れる姉御肌を演出し、他者需要願望と承認欲求を満たしながら、その仕事を主人公にやらせるというイカレた側面を持ちます。お昼抜きで書類整理を手伝えと主人公に要求してくるのですが、その業務は年内で良いと言われたのに自ら今週中にやると宣言したモノだったのです。ポイント稼ぎのために自ら引き受けた仕事を、後先考えずに溜め込んで、勝手に叫びだした挙句、それを主人公にやらせるという破天荒っぷりをお楽しみください。
  • 【5】今作も戯画マインのかほり
    • と、いうわけで体験版の時点で地雷臭が漂っているのにここから盛り返して名作になったら歴史的意義のある作品となるでしょう。①テーマ性の無いシナリオ。②目的の無い物語。③キャラゲーなのにキャラがイマイチ。④媚び媚びの声優がライターのおじさん構文を読み上げるというテキスト……等々と製品版が伝説になりそうな予感のする体験版でした。

f:id:r20115:20210624004311j:plain

f:id:r20115:20210624004316j:plain

f:id:r20115:20210624004255j:plain

キス作品のうち感想を書いたもの

『キスアト』 (戯画) (2014-01-31)

『ハルキス』 (戯画) (2015-01-30)

『アイキス』 (戯画) (2019-10-25)

フルキスS』 (戯画) (2020-02-28)