雑録

『Re:LieF ~親愛なるあなたへ~』

Re:LieF〜親愛なるあなたへ〜「グランドエンド」の感想・レビュー

残酷な現実世界に再チャレンジするために仮想世界で自己の存在証明をするはなし(手段はピアノ)。 日向子・流花までは資本主義社会によって潰された若者がテーマであったが、後半は適応障害へチェンジ。 グランドエンドでは家庭環境が不和で学校空間でも排斥…

Re:LieF〜親愛なるあなたへ〜「海蔵もも√」の感想・レビュー

若年者社会復帰プログラムが単なる見せかけで人工知能のアルゴリズム実験であることが判明するはなし。 いや、もうこれキャラクターの攻略とか関係なくて、シナリオの構造をチラ見せさせていくだけかも。 主人公くんの親友キャラが若年者復帰プログラムがVRM…

Re:LieF〜親愛なるあなたへ〜「大舘流花√」の感想・レビュー

人工知能やAIめぐる諸問題及び技術革新の受容と環境適応に関するはなし。 完全にヒロインの人物像の掘り下げがグランドエンドへの装置と成り下がってしまっています。 流花というキャラクター表現を語る話が中盤から突如吹っ飛び物語の背景を説明する話へ…

Re:LieF〜親愛なるあなたへ〜「帚木日向子√」の感想・レビュー

人生の苦役に対し、女による自己肯定で救いを見出そうとするはなし。 卑屈すぎる主人公くんの自然主義的な醜いまでの内面的葛藤に共感できなくもない。 ヒロインと自己を比較し苦悩しながらも、ありのままの自己を受容するのも良いかと思う。 しかし現実には…

Re:LieF〜親愛なるあなたへ〜【体験版】の感想・レビュー

離職した若者の更生プログラムとして元・社会人がもういちど学校へ通うはなし。 体験版は長時間重労働と上司のパワハラで疲弊し、解雇されてしまった女性事務員が語り部。 女性事務員がトラウマの象徴とする「プレゼン発表」を克服するまでが主な流れ。 一方…