雑録

『あきゆめくくる』

あきゆめくくる「轟山サトリ(佐々木沙織)シナリオ」の感想・レビュー

並行世界を認識し、統合できる少女がどの世界線でも主人公くんと結ばれない事実を受容するはなし。 佐々木沙織は轟山サトリが多世界を認識できなかった世界線の姿。 しかし多世界を認識できない佐々木沙織はもう既に轟山サトリではないのだ。 轟山サトリは主…

あきゆめくくる「土織キス(ドゥルキス)シナリオ」の感想・レビュー

恋は、重力!!恋を重力に見立て脳内「ビッグリップ」を阻止するはなし。 土織キスの前進は異能力保持者の失敗作であり、廃棄される寸前にウィルス実験に供された。 この寄生したウィルスがパンドラウィルス「ドゥルキス」であり「広がり」を求めた。 その「…

あきゆめくくる「小高柚月シナリオ」の感想・レビュー

宇宙からの情報思念体が可能性を喪失した人間の脳に書き込まれたというはなし。 かつて「永遠の命」を得る方法に自分のコネクトームを空白人間の脳に書き込むという研究があった。 しかしある時、宇宙から飛ばされてきたコネクトームに空白人間は乗っ取られてしまった。 …

あきゆめくるる「伊橋歩シナリオ」の感想・レビュー

学園闘争でリーダーとなり多くの兵を死なせてしまった少女の悔恨を解き放つはなし。 歩は政府へ寝返っており、ほぼ不死の主人公くんに再蜂起させることで、力をつける前に早期に鎮圧されるよう仕向けていた。 (歩は、政府から命に背けば不特定の異能保持者…

あきゆめくくる「共通(体験版の続き〜個別√まで)」の感想・レビュー

バカゲーの皮をかぶった哲学思想ゲー。量子力学をモチーフに人間存在や世界を解釈する。 体験版では世界を変えるという主体的な意志決定の手段としてラブコメをすることが決定した。 製品版の個別√までの流れとしては何を題材にしてラブコメをするかが物語の…

あきゆめくくる体験版の感想・レビュー

四季狂うシリーズ第3弾。哲学思想系空想科学SFモノ。 排斥されたデザイナーズチャイルドたちの蜂起が失敗しループする世界へ流刑されたはなし。 その世界に存在するのは量子爆弾により可能性を奪われループし続ける人間の残滓WSPだった。 主人公くんたちは…