薄い本

受験に失敗するということは人生において凄まじい劣等感を抱かせるものよ。

みなさん、こんにちは。こんな受験シーズン真っ只中だからこそかもしれませんが、受験失敗モノの薄い本ですよ! 私は挫折モノが大好きです!! いちはや『妹は受験に落ちた』(2017/2/12) 資本主義社会は競争が原則なわけで、競争では誰しもが勝者となるわけ…

気が滅入っている時には退廃的な薄い本を読んでさらに陰鬱な気分に。

精神的に摩耗し、疲弊することも多い今日この頃。寝ても休んでも虚脱感。なんか何もしないのにエネルギーが身体から流れ出すような感じ。故に何もする気になれない。時間だけが無為に過ぎてゆく。感じるのは焦燥感。休みの日なのに生産的なことは何もできず…

C91関連の薄い本感想・レビュー(002)〜艦これ本〜

鶴崎貴大『夕立は提督さんが大好きっぽい! 』 首輪プレイモノ。ドMが犬のようにすり寄ってくるシュチュっていいよね!頭なでなで。提督のペットになりたいとねだる夕立ちはもう既にペットプレイに嵌っていたのだという展開です。やはりペットプレイの醍…

C91関連の薄い本感想・レビュー(001)

月路『響ちゃんに癒やされたい!!』の感想 絵が可愛かったから買った。仕事に忙殺された提督は響と私的な会話もできないほど。そのため響は欲求不満になってしまい、手が触れドキドキしながら恋人繋ぎに発展しックス。理性では自制しなければと思いながらも肉…

(C90)関係 雑感その2

三郷なな『私のひざをかそうか?』(infinity line,2016/08/14) 艦これヴェールヌイ本。ヴェールヌイはソ連の賠償艦かわいい。時報ボイスにある「私の膝を貸そうか?」ックスからの同衾事後朝イチャラブが展開されます。そしてぶかぶかYシャツ挑発系おねだり…

C90読んだ本 感想・レビュー その1

2016夏コミ本の感想・レビュー。とりあえず1本目。 なかじまゆか『D.L. action 108』(Digital Lover,2016/08/14) なかじまゆかさんの新作を見ると『制服楽園』の新作を書いてくれないかなぁと思うのが最早お約束となりつつある。今回の艦これ本もショタ提督…

三上ミカ先生の睡姦妹モノ ついに後日談へ

ついに後日談まで来たか!!!と実に感慨深い作品。 今まで妹が誘い受けで寝たフリして兄が襲うの待っていたイモウトなわけだが・・・。 後日談では逆にイモウトが兄に襲いかかる。 まぁ逆をやったわけだがイモウトが襲う側の心情をトレースしていてとても趣…

C89関連で読んだもの備忘録的感想メモ

個人的な印象としては相変わらず艦これ、デレマスが人気で、グランブルーファンタジーが目立ってきた感じ? 艦これはやたらと鹿島が量産されまくっていた感があります。 余り積極的に開拓していないのでどうしても有名作者の作品や人気ジャンルに偏ってしま…

人生が辛いときに読む薄い本シリーズ 伊東ライフ先生 の巻き

仕事はツライ。だが無職になるかと言われればノーと応えざるをえない。 仕事をしていない方が仕事をしているよりもツライのである。絶望だ。 故にどんな仕事だとしても絶望を知っているからこそ身を粉にして働くのである。 だからといって仕事がツラくないか…

心が折れそうな時に読む薄い本シリーズ(001) ノジ「子宮口の彼方、お兄ちゃんの果て」(2013)

概要 小説家を志すがなかなか芽が出ないダメお兄ちゃん。そんなお兄ちゃんの不安な心をイモウトが利用し既成事実をしてしまいます。以来お兄ちゃんは、イモウトによる性的な慰めを糧に生きていくことになります。イモウトに肯定されることで何とか諦めずに頑…

『艦隊これくしょん -艦これ-』の同人をいくつか読んだので感想

戦艦「榛名」(はるな) 金剛本は大量にあるのに榛名本は少ないよなぁと嘆かれます。また金剛本の中に出てくる榛名もキャラが固定化していないせいか、様々なキャラクター設定の榛名が出てきます。個人的には従順系の設定が好ましい。戦艦「榛名」はインド洋作…