まいてつ Last Run!!

レヱル・ロマネスク 第12話「人吉市とまいてつ祭~第一次まいてつ炎上事件と第二次まいてつ炎上事件の連動性~」の感想・レビュー

今回は「まいてつ祭」が題材となり大成功を収める様子が描かれました。 しかしながらこの『まいてつ』はあくまでもPS4でありPCゲームではなかったのです。 つまりコンシュマー版を出すことであくまでも一般向けを装い実現したのでした。 このような事例は珍…

『まいてつ Last Run!!』の「シナリオ」は本当に低評価だったのか?~その原因を探る~

現在ユーザーの評価を巡って炎上している『まいてつ Last Run!!』(11.22事件)。 評価規準は色々と分かれるかと思いますが「シナリオ」は低評価だったのでしょうか。 ここではまいてつLRのシナリオが低評価である理由を詳しく解説していきたいと思います。 実…

まいてつ Last Run!!「仲国ルート」の感想・レビュー

中国(大陸)からの誘致で視察に行き、鉄道復権のための観光国策を提言する話。 しかし中国における鉄道制度やその位置づけに関する説明は一切なし。 中国経済を扱うのに社会主義市場経済と共産党一党独裁も完全にスルー。 「ぼくの かんがえた さいきょうの …

まいてつ Last Run!!「グランドルート」の感想・レビュー

全九州周遊鉄道構想を実現することで主人公が事故のトラウマから解放される話。 ヒロインたちと向き合うことで観光鉄道に関する諸問題の解決策が浮かぶという形式。 解決方法は極めて杜撰なご都合主義で、詳述されずに成功するので、割り切りが必要。 「鉄道…

まいてつ Last Run!!「凪ふかみアフター」の感想・レビュー

選ばれなかったヒロインの心情描写を展開した挙句、両方選ぶエンドもある。 ノベルゲーで「選ばれなかったヒロイン問題」は割とテーマとして扱われる。 本作は凪orふかみを選ぶことで切られてしまったヒロインの心情を読まされる。 (それでなくとも非ハチロ…

まいてつ Last Run!!「日々姫アフター」の感想・レビュー

富裕階層向け超高級食堂車を熊本県人吉市から大分まで走らせる話。 気動車内に調理スペースが無い問題を駅から地元特産料理を搬入するという形式で解決。 姉の真闇と実家の酒屋の従業員長から認められて日々姫は承認欲求を満たす。 ご都合主義とさすおに展開…

まいてつ Last Run!!「ポーレットアフター」の感想・レビュー

人見知りが激しい娘に経験を積ませるべく家族で東北雪景色鉄道旅行をする話。 鉄道ならではの旅情と人との交わりを家族の成長に繋げて巧みに描き出している。 娘の対人関係の克服もさることながら主人公やポーレットも親として成長する。 最初から親なのでは…

まいてつ Last Run!!「ニイロク」ルートの感想・レビュー

蒸気機関車から電車への転換が行われず国鉄が民営化しなかった世界線の話。 巨大赤字を垂れ流した国鉄は一部の区間を除きほぼ全てが廃線となった。 その背景にはアメリカによる交通インフラへの介入と市場独占があった。 それでも連帯して立ち向かえばどうに…

まいてつ Last Run!!「ハチロクアフター(実質オリヴィ√)」の感想・レビュー

経年劣化し寿命を迎えつつある炉利BBAロボットの最期を看取る話。 「子孫を残せなくとも後世に伝えられるものがある」という事がコンセプト。 最後の鉄道業務を全うしながらオリヴィが息を引き取るシーンは感動を生み出す。 泣きゲー。お婆ちゃんが死ねば泣…

『まいてつ Last Run!! 体験版』の感想・レビュー

鉄道を利用した観光振興により地域活性化を目指す『まいてつ』の続編。 メーカー側では「アフター」という位置づけだが、章立ては本編の続き。 前作のシナリオが丸々入っておりシームレスに新規シナリオに突入する。 ハチロク√は子どもが出来ない苦悩モノ。…