教科教育

  • 文献・研究: 歴史教育-文献歴史教育-雑考
  • 授業用ネタ: センター国語受験世界史受験日本史巡検
  • レジュメセット: 日本史| 世界史( 欧米史| 欧州文化史| アジア史| アフリカ史 )| 倫理
  • 歴史学

  • 文献・研究: 歴史-文献満洲-文献満洲研究近現代北海道史海事
  • 講義録(人文系): 国史概説史料判読極東蘇聯史文献調査博物館学(断片)
  • 観光学

  • 講義録(観光系): Heritage Tourism/ Contents Tourism (A-partB-part)
  • 『北へ。』研究: 観光学における『北へ。』の位置づけWI個別√感想DD個別√感想
  • 【レポート】 コンテンツツーリズム「らぁめん城ヶ崎」
  • コンテンツ産業

  • 各種媒体: 文学映画animemangalight-novel
  • ノベルゲームの最前線: 全般/ 体験版/ 過去作50音順/ 2020発売月順/ 2020製品版/ 発売前予想
  • ノベルゲームの回顧と展望: 2019/ 2018/ 2017/ 2016/ 2015/ 2014/ 2013/ 2012/ 2011-2000
  • topic

  • 2020秋アニメ: ゴルカム/ おちフル/ ストパン/ ひぐらし/ まいてつ/ 神様/ しまむら
  • 【11月新作】 2020年11月新作ノベルゲーは何を買ったらいいですか!?
  • 『まいてつ Last Run!!』の「シナリオ」は本当に低評価だったのか?~その原因を探る~
  • 『ドーナドーナ いっしょにわるいことをしよう』の感想・レビュー


  • ひぐらしのなく頃に業 第3話「教えて知恵留先生!」の感想・レビュー

    雛見沢連続殺人事件の概要を大石から説明される話。
    転入生の圭一を暖かく迎えてくれた仲間たちが殺人事件を隠していた!
    疑心暗鬼に駆られる圭一は、次々と仲間への信頼を失い狂い始めていく。
    一大ムーブメントを生んだレナの「嘘だッ!」も登場。

    知恵留先生は型月『月姫』のバッドエンドを解説してくれるキャラ(『月姫』はめちゃくちゃバッドエンドがある)

    f:id:r20115:20201017095242j:plainf:id:r20115:20201017095249j:plain

    • カケラ集め入ったからグランドルートかと思いきや
      • ひぐらしはループゲーであり惨劇を回避することが目的でした。全てのバッドエンドの因子を潰しグランドルートに辿り着く必要があります。それを読者に飽きさせないようなカタチで提示したのが「カケラ集め」だったわけでして、前回の第2話では冒頭でカケラ集めの描写が入ったので、グランドルートに入ったのかと思われました・・・
      • だがしかし!疑心暗鬼に駆られた圭一とレナと対立し始めるので、こりゃーバッドエンド直行フラグまっしぐら。視聴者に対しては、圭一視点で大石から雛見沢連続殺人事件の捜査協力を求められるという形で概要が説明されます。要は綿流しのお祭りの日に必ず1名ずつ死者と行方不明者が出るというもの。仲間を信じたい圭一はレナに嘘や隠し事をしていないかと縋りつくのですが、逆効果に。圭一が腹を割って話せばよかったのでしょうが、大石関係の伏せていたので、圭一こそ嘘や隠し事をしていると指摘されてしまうのです。そして今回のクライマックスがゼロ年代に一大ムーブメントを巻き起こした「嘘だッ!」の描写。めっちゃ流行った。
      • 第3話の終局部では、大石から電話がかかってきてレナの素性を聞かされている所をレナ自身に見られてしまうという展開へ。ひぐらしのホラーらしさとしては、遊びに来たと称して家に上がり込んだレナが圭一の親から部屋の場所を聞き出し、一連の会話を盗み聞きし圭一には何も知られないように帰るという恐ろしさ。気を利かせた父親が紅茶とお菓子を持ってきてくれたことでレナが来ていたことに気付くってのもうすら寒いものを感じさせますね!ここまで来たら「針入りおはぎ」や手を突っ込んでいるのにドアを無理矢理閉めようとする「痛いよ圭一くん」が炸裂するのも期待されますね。
      • なんかフツーにバッドエンドっぽいし、かといって惨劇のまま終わらせたら何のために2020年にもなってリメイクすんじゃいって感じだし、どうやって視聴者に見せていくのか構成が気になりますね!

    f:id:r20115:20201017095255j:plainf:id:r20115:20201017095302j:plain

    f:id:r20115:20201017095307j:plainf:id:r20115:20201017095313j:plain

    感想まとめ


    昔やった同人版のプレイメモはこちら