雑録

ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN 第12話「それでも私は守りたい」の感想・レビュー

みんな大好き「クリリンのことか」展開。仲間の犠牲により新たな力に覚醒するパターン。
宮藤芳佳のために命令違反・独断専行をした服部静夏は命を賭して宮藤芳佳を守る。
魔法力が枯渇し治癒魔法が使えない芳佳は死にゆく静夏を見ていることしかできない。
静夏が残した最後の言葉を聞いた宮藤芳佳はハイパーアルティメッド芳佳に覚醒!
治癒魔法で静夏を助けると新たな力で敵を薙ぎ払っていく!
最後は逃げようとするラスボスを超高速で追撃して逃亡を妨害。
ドイツ組がラスボスを撃破するための重要な役割を担った。

服部静夏=クリリン的ポジション→ハイパーアルティメッド芳佳

f:id:r20115:20201224083425j:plainf:id:r20115:20201224083435j:plain

  • ベルリン解放で人類解放じゃなかった!俺たちの戦いはこれからだエンド
    • 前回の放送では、魔法力が枯渇した宮藤芳佳は衛生兵として戦闘に参加しましたが、所属部隊は包囲されてしまいました。そんな孤立部隊を救うため、地下と上空から救出作戦が行われます。けれども服部は機体の故障から地下突入作戦に参加できずおいてけぼりにされます。また上空からの気化爆弾投下には重要な役割を果たしますが、宮藤芳佳を眼前にして撤退を命ぜられるのです。命令、命令また命令。ついに我慢が出来なくなった服部は命令違反と独断専行!宮藤芳佳を救うために吶喊します。服部の活躍で危機を救われた宮藤芳佳でしたが、服部は腹部を撃ち抜かれ瀕死状態。魔法力が枯渇し治癒魔法が発動しない宮藤芳佳は治療することができません。そんな宮藤芳佳に服部は最後の言葉を残して散っていきます・・・と、いうわけで、仲間の犠牲により新た力に覚醒するクリリンのことか展開の発動です!ハイパーアルティメッド芳佳が爆誕☆服部の傷も瞬時に治しバッタバッタと敵を斬る。地下から突入した仲間たちと合流して臨んだ最終決戦では、超高速で逃亡するラスボスを抑える役割を果たし、ドイツ組三人衆がトドメを刺すという連携プレーを見せます。最後に宮藤芳佳を受け止めるのはリーネちゃん。正妻の大勝利です。
    • こうしてベルリン解放に成功したウィッチたちですが、なんとまだ南ドイツとソ連ネウロイが残っていることが判明します。バルクホルンお姉ちゃんとミーナさんもう年齢的に引退なのに、次はどうなってしまうのでしょうか?俺たちの戦いはこれからだ!ということでまだまだストライクウィッチーズの関連コンテンツは終わらない模様です。

f:id:r20115:20201224083451j:plainf:id:r20115:20201224083459j:plain

f:id:r20115:20201224083505j:plainf:id:r20115:20201224083510j:plain

感想一覧はコチラ