雑録

和泉つばす

『9-nine-新章』の感想・レビュー

都√リベンジの後、各ヒロインのオマケをやって終わり。ソフィー√は無い。 最後は「何も起こらない」並行世界を新たに作って幕を閉じる。 都√投げっぱを回収したのは良いがアッサリしすぎだったかなー。 各ヒロインのオマケも本当にオマケ程度で内容は何もな…

『9-nine-ゆきいろゆきはなゆきのあと』の感想・レビュー

幾重もループを繰りかえし、数多の並行世界を統合し、異能バトルに勝利する話。 並行世界で絆を結んだヒロイン達がラスボス戦で召喚され総力戦するのはアツい展開。 既存のタイムリープ系コンテンツを昇華し組み合わせて融合させる表現技法が巧み。 ループで…

『9-nine-はるいろはるこいはるのかぜ』の感想・レビュー 

他者に依存し救済してもらうことを願っていた少女が自力救済に目覚める話。 百合友情パワーでシンデレラコンプレックスを打破するシーンが一番の見所。 お互いにオタクでぼっちだった希亜と春風の関係性が良い味出しています。 主人公が身体を張って戦う中、…

Summer Pockets 体験版の感想・レビュー

挫折系主人公くん物語。瀬戸内海の田舎の島で過ごす夏休みが、傷心の心を癒していく。 主人公くんは水泳部で挫折した高校生だが、幼少期の追憶想起等、容赦なく泣きゲー世代の感傷を抉りにくる。 攻略ヒロインたちも内面に色々と抱え込んでいそうで、悲哀を…

9-nine-そらいろそらうたそらのおと(天√)の感想・レビュー

お兄ちゃん大好き妹が、存在忘却されそうになり、喪失危機を契機にフラグ構築する話。 2018年にもなって逆ONE展開が見られますし、さらに異能バトルはバビロンゲートですよ!! フラグ構築後のヒロインの役割は、主人公くんが抱く罪の意識を無条件承認により…

9-nine-そらいろそらうたそらのおと「Episode2 Sora Nami」・体験版の感想・レビュー

和泉つばす先生の原画集・分割商法第二弾・学園異能バトルと見せかけたキャラゲー。都√はなかったことになってます。 エピソード2の体験版では、前半が世界観設定の考察、後半が敵の組織の登場となります。 前半はライターが考えた世界観の謎を登場人物たち…

9-nine-ここのつここのかここのいろ「都√」の感想・レビュー

中二系学園異能バトル。聖遺物の獲得により異能を付与された者たちと戦い聖遺物を回収せよ! 都√では石化の魔眼の保持者の問題を追っていくことになるのだが、未解決のまま次作へと続く。 バッドエンドからの周回プレイで並行世界という展開は良かったが、2…

恋がさくころ桜どき(体験版)の感想・レビュー

死神の命と引き換えに蘇生され、代償として他者の役に立つという自縛を背負った物語。 体験版ではみんなの幸せのためには自分も幸せになる必要があると悟る所までプレイできる。 幸せの為には誰かを好きになる必要があるということで生徒会の勧誘に乗ろうと…

ましろ色シンフォニー 天羽みうシナリオの感想・レビュー

ましろ色シンフォニーの天羽みうシナリオは動物愛護は人間の偽善か?というおはなし。 攻略ヒロイン的にはみう先輩なんだろうけど、紗凪のキャラ性が食っちゃってます。 みう先輩はエロ担当。黒化もなかなか良い。・・・が、紗凪がいい娘すぎてなんかだかね…

ましろ色シンフォニー 乾紗凪 が攻略できないシナリオの感想・レビュー

ましろ色シンフォニーの紗凪が可哀想すぎるので、攻略ヒロインでないからこそ感想をいくつか。 印象的なのは、新吾と打ち解けていく描写の秀逸さや、ときめきシンパシーの様子。想いが届かないが故の苦悩と煩悶。 雨に打たれながらブランコに佇む様子は我ら…

ましろ色シンフォニー アンジェリーナ・菜夏・シーウェル シナリオの感想・レビュー

ましろ色シンフォニーのアンジェシナリオは、メイドがアイデンティティ崩壊するおはなし。 メイドたらんと躾けられてきた少女は、メイドであることにしか自分を見出せなくなっていた。 手段と目的をはきちがえた少女がメイドである本当の意味に気づくために…

ましろ色シンフォニー 瀬名愛理シナリオの感想・レビュー

ましろ色シンフォニーは愛理ゲー。 完璧超人であろうと張り詰めすぎて痛々しさを感じさせる少女の支えとならん。 かたくなな少女のココロを解きほぐし、強迫観念である母への愛憎を和解させようぞ。 二人の色はましろ色。変わっていけるよ、二人なら。 頑な…

ましろ色シンフォニー 瓜生桜乃シナリオの感想・レビュー

ましろ色シンフォニーの瓜生桜乃シナリオは、義兄妹の関係性変化。 語りつくされたテーマ&先の見えてるシナリオ展開の中でどのような脚本を描いてくるか!? おにいちゃんが好きで堪らない桜乃の揺れる心情描写がポイントなキャラゲー風味。 桜乃かわいいの…

『青空の見える丘』の感想メモ

『青空の見える丘』をクリアしました。 学園モノの日常系ストーリー。典型的なキャラゲーでしたけど、過去のトラウマや三角関係へのけじめ、漢たちの熱い友情の展開で、深みがあり味わい深いものになっていますよ。こくまろ? 主人公:秀樹は親の都合で田舎…