『Summer Pockets』

神様になった日 第5話「大魔法の日」(Summer Pockets Alternative)の感想・レビュー

母と死別し冷え切った父子家庭となったメインヒロインの家族を再生する話。 佐藤ひなの導きで伊座並(父)の心を癒し、娘に母が残したビデオメッセージの存在を知らしめる。 父が遺言ビデオをひた隠しにしていたのは、母の記憶を忘れると示唆されていたからで…

『Summer Pockets』における「無印本編」と「REFLECTION BLUE」の終局部の相違点について

グランドエンド後、神山識の思念体が突如介入し鷹原家のハッピーエンドが挿入される。 「チャーハン」により形成された円環の理が人々の絆を「おむすび」したというオチである。 自己の存在を賭けてバッドエンドを回避しようとした羽未の犠牲は報われたので…

Summer Pockets REFLECTION BLUE「卓球ルート」の感想・レビュー

水泳部で挫折した主人公が島での夏休みを通して卓球に生き甲斐を見出す話。 余興で始めた卓球であったが島民たちとのバトルを通して情熱を取り戻していく。 シングルスで倒した相手をダブルストーナメントの候補にすることができる。 スポーツを通した心の交…

Summer Pockets REFLECTION BLUE「加藤うみ」シナリオの感想・レビュー

主人公としろはの娘でグランドエンドのメインヒロインでもあるうみの個別ルート。 ネグレクトされていたうみが過去跳躍して若き日の父親から父性愛を獲得する。 親から叱られる子ども達を見て羨ましさと寂しさを感じるうみを主人公が叱る。 好きの反対は嫌い…

Summer Pockets REFLECTION BLUE「水織静久」シナリオの感想・レビュー

伝統芸能「自己の有用性」・「記憶リセット」・「親との和解」の三点セットが炸裂。 嫌なことを忘れてしまう静久に忘れたくない嫌な記憶を与えるというギミック。 そのために紬も主人公も静久との別離を選ぶというビターエンドがグッとくる。 主人公が部活問…

Summer Pockets REFLECTION BLUE「野村美希(のみき)」シナリオの感想・レビュー

KEY伝統の御家芸である「家族」ゲーを幻想要素「夢の共有」で提示。 捨て子であるのみきは自己欺瞞により両親は本州で仕事をしていると思い込んでいた。 主人公は少年団の活動を通して島民全体がのみきを育てたのだと知る。 だが島の取材と称して記者がやっ…

Summer Pockets REFLECTION BLUE「神山識」シナリオの感想・レビュー

過去から未来跳躍してきた少女を現代で鍛え過去改変して津波の犠牲者を減らせ! 自らが嫌われ者になることで他者を救おうとする『泣いた赤鬼』チックな雰囲気。 自分勝手な自己満足で自己犠牲して自己陶酔? 否、それは孤児の自分を育ててくれた島民への恩返…

Summer Pockets 総評(「物語構造分析」、「本編で描かれなかったこと/ファンディスクで描いて欲しいこと」)

目次 1.物語構造分析 2.本編で描かれなかったこと/ファンディスクで描いて欲しいこと/もしくは二次創作 1.物語構造分析 概要 冷え切った父子家庭に耐え兼ねた少女(うみ/羽未)が、父親(主人公くん)と母親(しろは)が交際を始めた西暦2000年の夏に過去…

Summer Pockets「Pocket」の感想・レビュー

悲劇の根本原因となる因果律を打破する為、しろはの幼少期時代に転生した羽未(七海)が世界改編に挑む話。 その方法とは両親を喪失したしろはを支え、異能を持たせないようにすること。 しかし、しろはが異能を持たないことは、それにより紡がれる可能性を消…

Summer Pockets「ALKA TALE」の感想・レビュー

冷え切った仲の父子家庭の娘が、崩壊した家庭に耐え兼ねて過去跳躍し、西暦2000年夏をエンドレスエイトする話。 うみは主人公くんとしろはの娘であり、夏休みをループさせる度に幼児退行していく。 それゆえ自分に素直になることができて、母親(しろは)との…

Summer Pockets「久島鴎シナリオ」の感想・レビュー

死霊現界編。病弱のまま死んだ少女の魂が七影蝶により受肉化し、自己の未練を満たしていく。 実はもう既に死んでましたヒロインは結構いて、星メモのこさめ、はつゆきさくらの桜、サクラノ詩の吹など。 鴎の未練とは、かつて母親が自分をモデルに書いた冒険…

Summer Pockets「紬ヴェンダース シナリオ」の感想・レビュー

霊魂崇拝具現化編。紬は熊のヌイグルミであり、その付喪神が元々の持主:ツムギの姿を模して具現化したもの。 人間化した人々?といえば、ひまなつの夏咲詠(猫)、撫でディスのギズモ(猫)、Kanonの真琴(狐)たちが有名どころ。 元々の持主であるツムギは主人公…

Summer Pockets「空門蒼シナリオ」の感想・レビュー

植物人間状態の双子の姉:藍を救うために記憶を司る七影蝶を探して夜に山狩りをするはなし。 泣きゲー時代の鍵作品(『AIR』、『Kanon』)を彷彿させる雰囲気を醸し出している。 七影蝶に触れることは他者の記憶に浸食されることであり、藍を救うと反動が生じ…

Summer Pockets「鳴瀬しろはシナリオ」の感想・レビュー

未来予知の異能を持ち島内の偏見と因習に苛まれるぼっち巫女を救済する話。 自分の予知のせいで大きな事故が起こったと思い込む少女の思い込みを覆せ。 しろはと主人公くんは相互交流の中で、傷ついた心を癒していく。 最後は一瞬バッドエンドループの伏線が…

Summer Pockets カウントダウンムービーまとめ

6月14日から開始。このページにまとめていきたいと思っています。 14日前「人見知り少女しろはちん」→「Summer Pockets」発売カウントダウン!【14日前】 - YouTube (47秒) 2週間前ということで、カウントダウンムービーのはじまりはじまり。初回担当者はメ…

Summer Pockets 体験版の感想・レビュー

挫折系主人公くん物語。瀬戸内海の田舎の島で過ごす夏休みが、傷心の心を癒していく。 主人公くんは水泳部で挫折した高校生だが、幼少期の追憶想起等、容赦なく泣きゲー世代の感傷を抉りにくる。 攻略ヒロインたちも内面に色々と抱え込んでいそうで、悲哀を…