雑録

『喫茶ステラと死神の蝶』

喫茶ステラと死神の蝶「火打谷芽以」シナリオの感想・レビュー

「火打谷、部活辞めるってよ」。人間関係を拗らせ退部に追い込まれた少女の話。 火打谷さんのメカクレヘアーはファッションではなく異能の目を隠すためであった。 その異能とは他者の陰気を視覚化し吸い取る能力であり、色々な人を救ってきた。 しかし部活仲…

喫茶ステラと死神の蝶「明月栞那」シナリオの感想・レビュー

家族ゲー。途中から『CLANNAD』展開になり主人公と父親が和解する話がメインとなる。 死神要素を掘り下げると思いきやサクッと解決し受肉して人間形態へ。 (栞那さんに関してはどうして死神になったのかという経緯も捨象される) 主人公は栞那と結ばれるも「…

喫茶ステラと死神の蝶「墨染希」シナリオの感想・レビュー

ゆずソフト恒例の複数シナリオライターの弊害:シナリオ間格差が発動!! 「赤い蝶」にまつわる赤磐神社の伝承を巡る話だが薄っぺらくてダレる。 幼馴染から恋人へと変わる関係性変化を扱う所まではまだ比較的読めるのだが。 フラグ構築後の伝承パートはどう…

喫茶ステラと死神の蝶「汐山涼音」シナリオの感想・レビュー

努力と技術で境遇を切り拓いて来た者ほど拠り所の能力が否定されると精神崩壊する話。 菓子作りの才を持ち辣腕を振るってきた涼音だが会心のケーキが否定されると挫折。 コスト面で採用されなかったのではなく味に問題があるのではないかと疑心暗鬼に駆られ…

喫茶ステラと死神の蝶「四季ナツメ」シナリオの感想・レビュー

人生を諦観し生きる気力を喪失した少女が、生命への意志を取り戻す話。 幼少期に病弱で入院生活を強いられたナツメは早熟して達観し心が冷めていた。 さらに自分の入院のせいで両親の喫茶店を開く夢を潰したと思い込んでいたのだ。 実はナツメはシナリオ冒頭…

喫茶ステラと死神の蝶 製品版共通ルート「仕事と能力とアイデンティティ」の感想・レビュー

製品版共通√は3章末尾と4章。ここでは主人公が自己の卑屈さと対峙することになる。 成功体験に乏しいから自分に自信が持てず自己肯定感が低くなるという負のスパイラル。 そんな状況に対し主人公は喫茶店での仕事を通して自分に出来ることを増やしていく。 …

コンテンツツーリズムの問題点 ~『喫茶ステラと死神の蝶』に見る「コンテンツ作品の背景絵」の問題~

ゆずソフトの新作『喫茶ステラと死神の蝶』をめぐり、背景絵に建築物を使われたとして店側が抗議したため、トラブルが発生した。論点となっているのは、著作権ではなく「性的コンテンツ」に関する問題であり、店側がイメージを損ねると苦情を述べたのである…

喫茶ステラと死神の蝶 体験版の感想・レビュー

人間の感情に引き寄せられる魂の残滓「死神の蝶」を刈る為、喫茶店を開く話。 主人公は交通事故にあうが「死神の蝶」の力で過去改編し生き返ってしまう。 世界の秩序を乱す存在と認定された主人公は死神の監視下に置かれ喫茶店に協力することに。 (協力しな…

喫茶ステラと死神の蝶 OPムービー・4コマ劇場の感想・レビュー

OPムービーと4コマが来たので雑感をば。 OPムービーは四季ナツメさんの破壊力が高い。珈琲を入れる場面で恥じらう描写はおススメの箇所。 4コマはドラクエ4コマ劇場でも有名だった「こもわた遥華」先生の絵が沢山楽しめます。 2019年にもなって、こもわた…

喫茶ステラと死神の蝶 カウントダウンまとめ

ゆずソフト恒例のカウントダウンムービーの始まり始まり。 このカウントダウンこそがゆずソフトの真骨頂とも言えます。 いつもギリギリのところを突いてくるブラックユーモアやパロディが満載なので今から楽しみです! とりあえず今は2カ月前カウントダウン…

喫茶ステラと死神の蝶 事前情報 CM MOVIEまとめ

ゆずソフトの新作『喫茶ステラと死神の蝶』。ゆずソフトは販促の見せ方が上手く、広報・宣伝の勉強になるので事前情報をまとめておきたいと思います。ゆずソフトは「カウントダウンムービー」が良い味出していて、寧ろ本編よりも販促の方が面白いという側面…