雑録

アホの子

ハッピーライヴ ショウアップ!「ルー・マオ」シナリオの感想・レビュー

大道芸とは、芸人と観客の間の尽きることを知らぬ対話なのであります。 ショーは芸人がスゴ技を一方的に披露するのではなく観客と楽しい空間を作り上げるもの。 楽しいことが大好きなルーは自分の大道芸で観客を喜ばせることを生き甲斐としていた。 ルーは無…

ウマ娘「エルコンドルパサー」シナリオの感想・レビュー

タコスを食ってブエノと叫ぶトレーニングマニアのラテン系少女の話。 実力あるエルコンドルパサーをめぐって発生するスカウト合戦。 一番良いトレーニングメニューを考えて来た人をトレーナーにするという。 だが度重なるお試しトレーニングでエルコンドルパ…

かりぐらし恋愛「新妻ひより√」の感想・レビュー

主人公くんがヒロインの家を転々とする「かりぐらし」にひよりもついてくる話。 特に大きなイベントとか発生せず、ひたすらギャグ漫才を繰り返す日常描写がメイン。 母子家庭要素とかシロナガスクジラに拘るという伏線も全然活かされず設定倒れ。 作中でも攻…

月に寄りそう乙女の作法「ユルシュール=フルール=ジャンメール」シナリオの感想・レビュー

劣等感に苛まされるヒロインを支えて、多大なる努力を二人三脚で乗り越え、才能を掴むはなし。 アホの子チョロインであったユーシェが本音を晒してデレ化する様子は破壊力高い。 またルナ様が要所要所でユーシェを気に掛け、煽ったり発破をかけるシーンは友…

クロノクロック「安藤美咲シナリオ」の感想・レビュー

アホの子かわいい努力系挫折系少女のヴァイオリンコンクール物語。 努力はすれども報われない展開は大好きです。 弱音を吐かれたら無条件の肯定を与え、才能の前に砕け散ったら支えてあげましょう。 しかしまぁ最後はご都合主義展開に陥り、家の権力で無理矢…

星ノ音サンクチュアリ「マルちゃん」ルートの感想・レビュー

星ノ音サンクチュアリのマルちゃんルートは、アホの子お嬢様のお家問題。 しかし主人公くんが活躍する暇もなくコネの力でお家問題はあっさり解決する。 お嬢育ちであるがゆえに周囲からちやほやされて育った少女の疎外感を癒す方がメイン。 反政府勢力デモが…

向日葵の教会と長い夏休み「朧白・ヒポポ・金剛石」シナリオの感想・レビュー

田舎の雰囲気がしっとりと流れ、ノスタルジックになれる夏ゲー。 体験版で金剛石がシャチホコを屋根に乗せようとして破壊したイベントのアホさにスルーするつもりだったのですが。 金剛石シナリオもつまらなくはなかったですし、ルカのようなキャラクター表…

星空のメモリア 小河坂千波シナリオの感想・レビュー

星空のメモリアの千波シナリオは、家族問題で自分をいらん子と思い込む異父昧を少女救済。 千波だけでなく、登場人物たち全員の家庭問題や過去が複雑に絡み合う。 存在意義を見出せず、明るくアホっ娘であることで抑圧しようとする千波を救え!! 千波シナリ…

スズノネセブン! 三峰美奈都シナリオの感想・レビュー

スズノネセブン!の美奈都シナリオは、ちょっとお馬鹿な女の子を心配しながら見守るおはなし。 美奈都の魔法崇拝をゆっきが心配するなかで、幼馴染としての感情が恋愛感情に昇華しちゃう。 ゆっきはホントに面倒見が良いなぁ。バカ兄妹三峰とのテキストは和…

この青空にやくそくを―「茜シナリオ」の感想・レビュー

全員攻略後に追加されるおまけシナリオ。 つぐみ寮防衛に失敗し、打ちひしがれて灰色の日々を送る航を慰め励まし叱咤する茜ちんのおはなし。個人的にはこのシナリオが一番好きかもしれない。 茜のキャラクター表現とフラグ生成過程 茜ちんは能天気なお騒がし…

さくらシュトラッセ攻略中 02 「里村かりん」シナリオ の感想・レビュー

恋愛感情の無かった女の子がライバルの出現によって他人を好きになるという気持ちに気づくというお話。 かりんの人物像とフラグを立てるまでの過程 かりんはちょっとお子様で何かが足りない女の子。幼馴染の春美のために一生懸命バイトに励む。二人はいつも…