雑録

Navel

Princess×Princess体験版(Navel)の感想・レビュー

SHUFFLE!2のスピンオフ作品。神界王女リシア√後の続編的位置づけ。 リシアは神界の風習に則り楽しい王族生活のため主人公に相応しい側室を探し始める。 そんなリシアのお眼鏡にかなったのが、図書委員の少女天石らぴす。 だがこの少女は主人公と数奇な縁で結…

『SHUFFLE!エピソード2~神にも悪魔にも狙われている男~』体験版 の感想・レビュー

幼少の記憶が無い鈍感難聴系朴念仁な主人公が神族・魔族・人間に言い寄られる学園モノ。 しかしながら神族・魔族の攻略対象であるプリンセスたちは行動と言動が不一致。 神族ヒロインは人間界と決別すると言い、魔族ヒロインはお命を頂戴すると言う。 なぜ神…

SPIRAL!! 体験版の感想・レビュー

SHUFFLE!15周年記念のゲーム。神界・魔界・人間界の種族間交流がテーマ。 主人公は神界のエージェントとして種族を偽り、人間界で潜入捜査するのが任務。 だがソッコーで身バレし魔法研究部に入ることになり文化祭の発表を目指す。 体験版は主人公くんの深層…

君と目覚める幾つかの方法「最終章」の感想・レビュー

アンドロイド大戦争☆秋葉原燃ゆの巻き。AIを乗っ取られたロボットたちが人間を襲撃してきます。 DEAD ENDを3回見せられた後、最初からやり直すと選択肢が追加されて先に進めるようになります。 最終章冒頭でエンドヒロインを選べますが基本一本道。一つの場…

君と目覚める幾つかの方法「京橋みことシナリオ」の感想・レビュー

飄々とした年上お姉さん系ワケアリ元セフレを舫うはなし。 みっちゃんは主人公くんの童貞を奪った挙句に恋人関係を拒否したことを負い目に感じていた。 主人公くんが事故にあったのは、自分が拒絶したため注意力散漫になっていたからと思い込む。 そんな自罰…

君と目覚める幾つかの方法「八雲舞花シナリオ」の感想・レビュー

アンドロイドによる人間への叛乱をマイルドに労働ストライキとして描いた感じのおはなし。 性産業に従事させられていたアンドロイドが救いを求めて他のアンドロイドに信号を送る。 そしてそれに共感したアンドロイドが、ロボット三原則の範囲内で抗議を行う…

君と目覚める幾つかの方法「枚方初音シナリオ」の感想・レビュー

純白な少女とアンドロイドを対比させ「感情を育む」ことを通して「家族像」を描くはなし。 タブラサラサな少女が少しずつ感情を学んでいく姿を愛でつつ自己肯定感を得させましょう。 いびつな家族を持つが故に、ゆがんだ家族像を持つ初音と主人公くんが、二…

君と目覚める幾つかの方法「共通√人体売買事件」の感想・レビュー

カニバリズムを行う経済的特権階層に人体を切り売りする裏業界の悪事を暴け! 「車輪-とっつあん展開」が発動され、追い詰められたフリをして相手を釣り上げる手法が取られます。 自信満々であった敵キャラを罠に嵌めるところまでが頂点で、あとは消化試合。…

君と目覚める幾つかの方法「アイル&マキノ√(DEAD END)」の感想・レビュー

アンドロイドと両足義足少女を巡るサスペンスミステリな本作ですが、1周目DEADでした。 所有しているアンドロイドを抱き、機密データを破棄しないと、このエンドに入れます。 2体の所有アンドロイドはボロボロに破壊され、主人公くんも殺されて幕を閉じます…

君と目覚める幾つかの方法 体験版 の感想・レビュー

不幸系少女救済ゲー。両親の借金のカタに両足を切断されて捨てられた少女を救済せよ。 成金が生活レベルを落せず借金を重ねて贅沢をし最後には娘の両足を売り払ってまで小金を得ようとする。 そして、この人体売買事件により少女の両親は殺され、ミステリー…

月に寄りそう乙女の作法2.2 A×L+SA!!「アトレストーリー」の感想・レビュー

イモウトの歪んだ奉仕心を解消して、素のまま心で恋情慕情を育くんでもらおうというはなし。 世界に祝福されお気楽に生きていた才華くんが、イモウトを手に入れるために意思を示すところがみどころ。 奉仕心を恋情と思い込み勘違いしていたことに気づいた時…

月に寄りそう乙女の作法2.2 A×L+SA!!「八日堂朔莉&大蔵ルミネafter」の感想・レビュー

八日堂茉莉アフターはホントウにオマケ程度。開発陣はシナリオについて何も思わなかったのだろうか…? 最初に茉莉アフターをやってしまったため、あまりの短さに呆然としてしまった。 一方でルミネアフターはきちんと作られており、本編で回収されなかった根…

月に寄りそう乙女の作法0(ゼロ)「衣遠お兄様√」の感想・レビュー

衣遠お兄様の学生時代のはなし。衣遠お兄様は服飾専攻の価値を頭首に問われることになる。 服飾を続けるためにはコンクールで名を響かせ実績を示さねばならない。 そこに立ち塞がるのは衣遠お兄様の親友かつライバルのジャン=ピエール・スタンレー。 強大な…

月に寄りそう乙女の作法2.1 E×S×PAR!!「銀色ヤンキー、原宿に現る」の感想・レビュー

自己を束縛する服飾の固定観念から解放され価値観の多様性を学ぶ才華くんのおはなし。短め。 webを利用した受注・生産・供給の形態をとるネットショップで才華くんは発注を取るのに悪戦苦闘。 従来専攻のオートクチュールではなく日常で着用することを主眼と…

月に寄りそう乙女の作法2.1 E×S×PAR!!『ダブルアイリッシュ』の感想・レビュー

専門領域において天才達に比肩できず、それでも苦悩の地獄に好んで飛び込んでいく話がすてき。 才華くんとエストは二人で一つのデザインを生み出す手段を選びぶつかりながら高め合っていく。 しかしそのぶつかり合いに少し疲弊してきたのもまた事実であり、…

乙女理論とその後の周辺「エッテのキャラクター表現」について

おとりろFDにおけるエッテの役割は主に以下の三点である。 遊星さんに「善性」を維持させること 遊星さんの後ろ盾となり地位を保障すること。 遊星さんの妹;りそなと友人関係を築くこと。 本編においてエッテシナリオはとてもグダグダだったのできちんとリ…

乙女理論とその後の周辺「大蔵アンソニー√」(エッテアナザー)の感想・レビュー

有能な兄の存在により「自己の存在理由の確立」を放棄していた弟が「自発的意志」に目覚めるはなし。 信頼していた兄への想いは一方通行だったと知ったアンソニーさんの絶望シーンはグッとくるね。おススメ!! さらに遊星さんとりそなの支援によりアンソニ…

乙女理論とその後の周辺 -Belle Epoque- 「メリルアフター」の感想・レビュー

芸術家の方向として、「一般的大衆性」を求めるか「個別的具体性」を求めるかで悩む話。 メリル自身は前者を志向するも周囲はメリルの才能を後者に期待しており、遊星さんはメリルの指導を求められる。 その手段としてメリルに自身の服をデザインさせ自身に…

乙女理論とその後の周辺 -Belle Epoque- 「りそなアフター」の感想・レビュー

かつて故郷を逃げ出した少女が、新天地で大きく成長し、故郷に戻ってその能力を示す話。 スランプや試練に陥った際に、これまで築いた絆や人脈を通して、解決を模索する展開は結構好き。 しかしファンディスクのアフターであり本編でもう既に大きな問題は解決している…

月に寄りそう乙女の作法2「八日堂朔莉」シナリオの感想・レビュー

白髪フェチ変態映画女優と演劇をするはなし。 シナリオは結構巻き巻きであっさりと短く終わる。 最初から才華の女装に気づいていた朔莉が演技ではなく地を出すところが見どころか? 素のままの朔莉では岡山弁使いとなるが白髪フェチ変態であることは変わらな…

月に寄りそう乙女の作法2「銀条春心」シナリオの感想・レビュー

仕事が楽しみなら、人生は極楽だ!仕事が義務なら、人生は地獄だ!(ゴーリキイ『どん底』より) 自分が選んだ専攻の根源は何だったか!?楽しいからだろ? そんなわけで銀条春心ことパル子さんの生き様を通して仕事の根源にある楽しさが描かれます。 他者が満…

月に寄りそう乙女の作法2「大蔵瑠美音」シナリオの感想・レビュー

技術に裏打ちされた演奏で実力が評価されていたと思ったら実は親の七光りで精神崩壊。 頭の回転が早く優秀な人間かと思ってたルミねぇの人物像はメッキに過ぎなかったのです!! 融通が利かず規則に拘り脆くて意固地な面倒くさい女性に新たな価値観を芽生え…

月に寄りそう乙女の作法2「エスト=ギャラッハ=アーノッツ」シナリオの感想・レビュー

承認欲求・自己顕示欲が強い秀才少年が他者を想う心を育むはなし。 「つりおつ」ルナ様エンド後に「おとりろ」のりそな√後を交ぜた世界で、遊星とルナ様の長男:才華が主人公。 才華が完璧超人お姉様として慕われるので雰囲気としては「おとぼく」に近いかも…

月に寄りそう乙女の作法「柳ヶ瀬湊」シナリオの感想・レビュー

成金がお嬢様学校に通ったら同級生に嫉妬されて実家の運送会社が倒産した、というはなし。 複数ライターの弊害というべきか「つりおつはルナゲー」というべきかシナリオの落差が酷い。 途中で服飾デザインのテーマ性がどっかへ吹っ飛び湊は器用で小物細工に…

月に寄りそう乙女の作法「花之宮瑞穂」シナリオの感想・レビュー

男嫌いの百合系少女に女装がバレてさぁ大変、というおはなし。 ここでもルナ様の存在は圧倒的で、ウジウジする朝日を叱咤し、服飾への情熱を呼び覚まさす。 瑞穂もまた男女という性別ではなく朝日という個人が好きだと言うことに思い至る。 クリスマスコンテ…

月に寄りそう乙女の作法「ユルシュール=フルール=ジャンメール」シナリオの感想・レビュー

劣等感に苛まされるヒロインを支えて、多大なる努力を二人三脚で乗り越え、才能を掴むはなし。 アホの子チョロインであったユーシェが本音を晒してデレ化する様子は破壊力高い。 またルナ様が要所要所でユーシェを気に掛け、煽ったり発破をかけるシーンは友…

乙女理論とその周辺「ブリュエット=ニコレット=プランケット」シナリオの感想・レビュー

『おとりろ』はりそなゲーのため、ブリュエットことエッテ√は数合わせ感が否めないよなぁと。 りそなルートで丁寧に描いていた大蔵家の家督継承問題を華々しいまでにさらっと流していく切なさよ。 遊星が自傷行為をして頭首を見舞いに呼びつけ継承権をゲット…

乙女理論とその周辺 「メリル=リンチ」シナリオの感想・レビュー

パリでできた親友が実は従姉であり、一族孫同盟を結成して後継者争いをひっくり返すはなし。 疑心暗鬼になり策謀を巡らす一族の中で、メリルと遊星の純真さが骨肉の争いを浄化する。 本作品はりそなルートがメインであるからだろう。メリルルートは結構あっ…

乙女理論とその周辺「大蔵りそなシナリオ」の感想・レビュー

無職ニートひきこもり不登校児である異母妹を救うため、大資産家の後継者争いを解決し、服飾によって家族愛を示す話。 りそなルートかつ大蔵家物語でもあり、衣遠兄様がデレる展開は一見の価値あり。 最後は三兄妹が力を合わせる展開となり、フランス人国粋…

月に寄りそう乙女の作法「桜小路ルナ」シナリオの感想・レビュー

アルビノとして産まれたが故に家族に倦厭され歪んでしまった少女と主従愛を育むはなし。 専門的な服飾の教育を受けるため、女装メイドに身を宿し、クーデレ主に仕えましょう。 才能を認められずに切り捨てられた主人公くんが主に尽くすことに喜びを見出しま…