雑録

laplacian

白昼夢の青写真 体験版の感想・レビュー

アルビノ少女「世凪」を救う為、過去・現代・未来の3つの文芸を巡る話を1つに統合せよ。 1人のヒロインをモチーフとする異なる話を統合していく作品には有名な前例が存在する。 このパターンは個別√がグランド√の為の装置にしか過ぎなくなるという弱点を持つ…

未来ラジオと人工鳩「葉月かぐやシナリオ」の感想・レビュー

世界の為に二人で死のうとしていた主人公とヒロインだが、ヒロインを生かすために主人公が犠牲となる話。 薊野教授√で回収した情報を未来ラジオで過去に送って、主人公及びヒロインと同期。 これにより人間の感情を得たヒロインが死を恐怖するようになったた…

未来ラジオと人工鳩「薊野椿姫シナリオ」の感想・レビュー

世界を犠牲に生存している主人公が、世界の為に死のうとするも、女に実存を見出し生きる話。 典型的なセカイ系のパターンであり、世界がどうなってもイイから愛する女との関係に全てを収束させる。 フラグ構築の重要な要素である、椿姫が死んだ師とのケジメ…

未来ラジオと人工鳩「越百秋奈シナリオ」の感想・レビュー

毎日同じルーティンを繰り返すだけの、機械に制御された人間(秋奈の父)を解き放とうとする話。 主人公くんの飛行機事故の記憶が虚構であった事とかぐやの補助脳についての伏線が増えただけような気もする。 ラジオ放送が好感度蓄積の手段となるが、フラグ成…

未来ラジオと人工鳩「月見里水雪シナリオ」の感想・レビュー

主人公くんが惚れた女を記憶喪失で忘れた後、義妹が自らその代替に成り代わる話。 義妹√微妙。率直に言うと、静岡県の茶畑に温泉旅行するだけ。 義妹を助けるために、言語障害を克服するというギミックも、ありふれたようなノリ。 終局部における主人公くん…

未来ラジオと人工鳩 体験版の感想・レビュー

未来から流されたラジオ放送。告げられたのは人工衛星の落下による死。それを回避しようと未来改編に挑む。 ネットの崩壊により文明が冷戦体制以前に衰退した設定や、ラジオ放送のノリは面白かったのだが・・・ 途中から未来改変はブン投げられ、ラジオもど…

ニュートンと林檎の樹「アイザック=ニュートン√」の感想・レビュー

科学に挫折した少年が17世紀後半英国における異世界転生を経て現世でもう一度科学に挑戦する話。 ニュートンは実は金髪ツインテ炉利であり、主人公くんは万有引力の法則を見つける手伝いをする。 最後は無事に『プリンキピア』を刊行して現世に舞い戻る別離…

ニュートンと林檎の樹「芋メイド(ニュートンの異父妹)√」の感想・レビュー

万有引力の法則にニュートンではなく異父妹が気づいてしまうおはなし。 『プリンキピア』の執筆は異父妹に引き継がれ、主人公くんは17世紀イギリスに留まることになる。 祖父(34)「なに。好きな女を支えるのだって、男の立派な仕事だろ」 主人公くん「……それ…

ニュートンと林檎の樹「エドモンド=ハレー√」の感想・レビュー

歴史修正に失敗しプリンキピアが第2編までしか出版されないまま17世紀で生きていくはなし。 フックの陰謀を破り、ニュートンとハレーが友情を深める描写が前半のメインとなります。 後半ではニュートンが万有引力の法則を思いつくかどうかに賭けることになる…

ニュートンと林檎の樹「うたかね・よつこ√」の感想・レビュー

愛する女のために歴史改編し科学技術史の発展を遅延させることになるはなし。 よつこがペストに罹患したので全てを放置して現代へと帰還するがそこは改編後のセカイだった。 セカイと断絶されて途方にくれる二人だが、彼らのために祖父が子孫を残してくれて…

ニュートンと林檎の樹「ラビ・ジエール√」の感想・レビュー

死んでしまった母を蘇生するためにタイムパラドクスを発生させてしまうはなし。 並行世界が増えるのではなく世界線は一定でありタイムリープすると現実世界が変わる設定? つまりは同じ世界にその時間軸の自分と未来からやってきた自分の複数が存在すること…

ニュートンと林檎の樹「朝永修一郎√(共通√)」の感想・レビュー

過去跳躍した17世紀後半ロンドンで若き頃の祖父と交流した主人公くんが劣等感を融解させるはなし。 主人公くんは周囲から個人として認められず「偉大な科学者の孫」であるとの偏見でみられがちだった。 さらに科学者の才能として周囲の期待にも応えることができ…

ニュートンと林檎の樹 体験版+の感想・レビュー

科学に挫折した主人公くんが、ニュートンが女児である17世紀イギリスに異世界転生したはなし。 時空転移した際に万有引力の法則を発見した林檎の樹を焼失させてしまい歴史変革してしまう。 家綱の生類憐みの令を止めるため外交統制を破り出国したと嘘をつき…

キミトユメミシ(体験版第1弾)の感想・レビュー

夢共有の異能を持つ主人公くんが問題を抱える少女たちを救済するはなし。 基本的には明るく楽しいバカゲーであり抜きゲー風味かと思いきや真面目に夢分析もする。 ユングを引用しながら集合的無意識の共有を提唱するところは結構面白い。 素行と生活態度が悪…