雑録

淑女

ウマ娘「グラスワンダー」シナリオの感想・レビュー

一見すると上品で礼節ある淑女だが、本質は頑固で我の強い少女の話。 メリケン育ちだが日本文化に憧れ様々なお稽古事を習得した大和撫子なグラスワンダー。 その実力は折り紙付きであり引く手数多だったがスカウトを断り続けていた。 なんと選抜レースで2着…

あなたに恋する恋愛ルセット「大園柚姫」シナリオの感想・レビュー

有産階級の子弟とザッハトルテを作る話。チョコレートをコーティングするグラサージュに挑む。 身分や階級の違いは全く問題にならない(大園家母が庶民出身のため)。お菓子に専念しましょう。 製菓の練達を口実にして会いに来ていた柚姫がもう十分熟練したと…

月に寄りそう乙女の作法「花之宮瑞穂」シナリオの感想・レビュー

男嫌いの百合系少女に女装がバレてさぁ大変、というおはなし。 ここでもルナ様の存在は圧倒的で、ウジウジする朝日を叱咤し、服飾への情熱を呼び覚まさす。 瑞穂もまた男女という性別ではなく朝日という個人が好きだと言うことに思い至る。 クリスマスコンテ…

花の野に咲くうたかたの「井之上麗奈シナリオ」の感想・レビュー

本作品は家屋敷妖怪桜花さんが安楽椅子探偵となって街の伝承を解き明かしていく物語。 主人公くんは人間の存在の残滓を色として識別できる異能を持ち助手役として活躍。 コンツェルトノートやジャコスでお馴染みのあっぷりけフローチャートシステムを実装。 …

星織ユメミライ「沖原美砂」ルートの感想・レビュー

星織ユメミライの沖原先輩ルートは水族館を復興させるはなし。 社会教育施設として水族館は大衆の啓蒙に対してどのような意義があるかを考えましょう。 地方自治体の放漫経営により財政難に陥り閉鎖してしまった水族館。 学生時代に抱いた文化祭でのミニ水族…

ゴールデンマリッジ「春日野紫子ルート」の感想・レビュー

紫子先輩ルートは「生徒会長の引き継ぎ」と「優等生の憂鬱」。 テーマ性はなくキャラゲーとしての側面が強いかと思われます。 「悩みが無いのが悩み」とのたまふ先輩が「実は隠している不満」を癒してあげましょう。 万能先輩シナリオは甘やかしイベントが多…

祝福のカンパネラ カリーナシナリオの感想・レビュー

祝福のカンパネラは、キャラゲー。テキストを楽しめ!! カリーナさんシナリオは、幼馴染から恋人へと関係を移す繊細な感情を描く。 個別ルート(第二章)までの作業ゲー(第一章)っぷりには心が折れそうになりますよ? むしろ第一章いらない。テキストは破…

この青空に約束を―「六条宮穂シナリオ」の感想・レビュー

お嬢様の「ひと夏の想い出」の諦めを決意に変えるおはなし。 六条宮穂のキャラクター表現とフラグ生成過程 六条宮穂は清楚系お嬢様。誰にも優しくし、わけ隔てなく接するが、その分印象に残りづらく親に言われるがままの人生を送ってきた。そんな宮穂が初め…

『そして明日の世界よりー』 3日目「水守御波ルート」

御波シナリオ要旨 御波は病弱で死の覚悟をしていたためセカイの崩壊を迎えても落ち着いていられた。そんな御波に励まされ昴はセカイ崩壊の覚悟をしていく。昴の優しさに触れた御波は、日常の素晴らしさを知るが、その日常は砂上の楼閣であることを意識する。…