雑録

アイマス

コンテンツツーリズム「らぁめん城ヶ崎」レポート

コンテンツツーリズムの類型としては「キャラクターIP」タイプ。キャラにちなんだ場所に巡礼が発生するというパターンです(このお店の「城ヶ崎」とは『アイドルマスターシンデレラガールズ』というスマホゲームのキャラ「城ヶ崎美嘉」にちなんだもの)。し…

Pとちひろさんの漫画を読んだ。

もともと事務員が好きだったが、ここ最近大量にPちひ漫画を目にした。 Pちひの素晴らしさ 目的を共有する同僚かつ一番の理解者であるのがちひろさん Pドルの場合、ヒロインを最終的に広範な大衆の欲望の対象とすることが社会的成功に繋がるため、Pとの関係…

群馬県においてリンゴ厨系「んごんご」アイドル(山形県出身)が誕生しました。『デレマス』の新たな聖地巡礼先に群馬県の草津温泉が追加されます。

『デレマス』が寄与した聖地巡礼の隆盛 大人気スマホゲーム『アイドルマスターシンデレラガールズ』。二次創作やファンアートが盛んなので、プレイしたことがない人もキャラの絵や動画を見かけたことがあるのではないでしょうか?そんな『デレマス』ですが、…

IP軸戦略により創出される新たな聖地〜Intellectual Property(知的財産)×観光政策×ふるさと納税〜

デレステ3周年イベントを利用した観光政策で一躍有名になった群馬県前橋市ですが、そのデレステ効果は「ふるさと納税」にまで波及しました。アイマスシリーズにおける「ふるさと納税」の成功例としては、大阪府高槻市の返礼品「やよいTシャツ」が有名です。…

スマホゲームのライブイベントを利用した群馬県前橋市の観光政策(003)「前橋市がライブイベントにゆるキャラ「ころとん」を参加させたことにより、アイドル達との交流が生まれたため、レポ漫画に「ころとん」が多数描かれ、宣伝効果はバツグンだ!」

「紀行」と「イベントレポ漫画」 日本には「紀行」という文学ジャンルがあり、旅行の行程をたどるように、体験した内容を表現します。現代では、イベントなどの体験を漫画にする「イベントレポ漫画」を書き、SNSにあげることが様式美となっています。これに…

スマホゲームのライブイベントを利用した群馬県前橋市の観光政策(002)「SNSの情報共有によるコト消費形態と地域経済の活性化について」

【概要】 2018年9月8日(土)から9日(日)にかけて「デレステ」というスマホゲームのライブイベントが行われました。(ゲームの正式名称は「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」)。 このイベントの協賛となった前橋市は、ライブイベント…

スマホゲーのライブイベントを利用した群馬県前橋市の観光政策(001)「SNSの情報拡散による宣伝効果と知名度の上昇について」

デレステというスマホゲーにおける群馬県出身のアイドルユニットとして「セプテンバーリーブス」というものがあります。 「セプテンバーリーブス」のメンバーはグンマーの珍獣こと日下部若葉さんと健康アイドルである栗原ネネさんのコンビ。 2018年9月8日・9…

「あべななさんじゅうななさい」を見て勝手に励まされる気分になる。

原作は知らなくても二次創作によってキャラのイメージが作られることはよくあることです。 (むしろ二次創作しか知らなくて後で原作のキャラを知りギャップに驚くことも多々あります。) そんな中、ぼんやりと眺めているうちに無意識のうちに崇拝の念を抱く…