雑録

シルキーズプラス

『ふゆから、くるる。』製品版 (シルキーズプラス)の感想・レビュー

人類の拡張のため適応できる惑星を探すべく宇宙に放たれた情報思念体の死生観の話。 名探偵編までは茶番だが、補陀落渡海編からが真骨頂であり、ここから一気に面白くなる。 物語の舞台は量子的幻想世界であり、登場人物たちは宇宙を彷徨う情報思念体に過ぎ…

『ふゆから、くるる。 体験版』(シルキーズプラス)の感想・レビュー

成体と幼体の輪廻を繰り返す箱庭系学園で殺された友人の頭部を探すべく名探偵する話。 舞台は天才を生み出すために外界から隔離され第三者に観測されているという箱庭世界。 人々は成人まで成長したら今度は幼化し、赤子になったらまた成長する事を繰り返し…

【ふゆくる】渡辺僚一先生、シルプラ生放送128回における青葉りんごさんとの対談で、声優業界のタブーに迫る【シルプラ】

最近のシルプラ生放送では、『ふゆくる』大特集が組まれており、担当声優とライター渡辺僚一先生の対談が行われています。シルプラ生放送128回目は青葉りんごさんが登場したのですが……。なんと放送事故!機材トラブルによって青葉りんごさんが何を言っている…

『ふゆから、くるる。』のイントロダクションと人間関係の整理

箱庭世界において成熟と若返りを永遠に繰り返す少女たちを通して生命を描く話。 主人公たち少女は不死という設定。頭部を切断しても48時間以内ならば復活することができる。 親友が首無し遺体となってしまった主人公は死を防ぐために名探偵をすることになる…

きまぐれテンプテーション(製品版)の感想・レビュー

アパート怪死事件の探索謎解きゲーを、陰陽師と怪異と可愛い助手で味付け。 新興宗教の洗脳を受け霊体となった住人たちを対話によって解放していく。 住人たちが抱えていた過去のトラウマを解きほぐせ! 主人公くんもまた霊能力を持っていたため排斥されたト…

『きまぐれテンプテーション 体験版』の感想・レビュー

昔懐かしい捜査式ミステリ。クリック・探索・会話で情報集めて事件を解決せよ! 陰陽師の主人公がサキュバスの助手と共にマンションの殺人事件に挑む。 各部屋に居住するのは、自殺後に霊魂が自己の内臓を食らって天使化した少女たち。 なぜ彼女等は殺され、霊魂…

缶詰少女ノ終末世界「更紗サリシナリオ」の感想・レビュー

世界を閉塞させようとする少女を、世界の果てを目指す少年が救うはなし。 「世界の果て」が「人類の可能性」であると定義され、主人公は宇宙を目指すことになる。 『3くる』と同じコンセプトであり「終末」=「核の冬」なので『缶詰少女』は『ふゆくる』。 …

缶詰少女ノ終末世界「辻花咲シナリオ」の感想・レビュー

「世界5分前仮説」と「観測による存在の確定」と「アポトーシス」のはなし。 人類という種の終わりに際して抑止力として発生するのが辻花咲という存在。 その一方で人類に終末をもたらす存在として発生するのが更紗サリという存在。 辻花も更紗も主人公くん…

缶詰少女ノ終末世界「烏森亜実花シナリオ」の感想・レビュー

死んでも時間遡航してしまう多重人格の少女が、自己の別人格を解放するために死を求める話。 一つの肉体を共有する多重人格のうち、少女の人格(ツバキ)が少年の人格(主人公)を愛してしまった。 ツバキは自己の境遇が主人公くんを束縛すると考え、束縛する宗…

缶詰少女ノ終末世界「八乙女華江シナリオ」の感想・レビュー

主人公が多重人格で別人格のツバキが時間遡航・並行世界認識の能力者であることが明らかになる話。 フラグへし折り形式であり攻略ヒロインたちは伏線回収のためのパーツに過ぎない。 八乙女先輩√では太陽嵐の終末が訪れるが、個別を選ぶとバッドエンドとなる…

缶詰少女ノ終末世界 体験版の感想・レビュー

野外活動を描いた日常のA視点と小型核爆弾を巡るシリアスなB視点を交互に提示して一つに収束。 A視点は学園モノで『ヤマノススメ』や『ゆるキャン』よろしくアウトドアをする。 B視点はスパイ活劇よろしく小型核爆弾や地域紛争での殺戮が主題となるシリアス…

言の葉舞い散る夏の風鈴「夏の卒業式」(真額詞葉グランドエンド)の感想・レビュー

スランプに陥った声優が、高校での声優部の活動を糧にして再起する話。 才能だけでやってきた人材は少しのことで躓いただけでもうお先真っ暗さ。 主体的意志が無かったため踏みとどまることができず投げ出してしまうの。 しかし、それは自分を見つめ直すこと…

言の葉舞い散る夏の風鈴「菩提樹仰子」シナリオの感想・レビュー

元ホスピスで今は元気なお嬢様が、過去の友情関係を回復する話。 フラグ前は金持ち演技を克服するために主人公くんの家で庶民生活を体験する。 フラグ後は演劇部員:百合ノ木真子とのワケアリの過去が明かされていく。 しかし超絶アッサリ友情問題が解決され…

言の葉舞い散る夏の風鈴「野原ゆう」シナリオの感想・レビュー

世間に負い目のある趣味を持つ少女がそれを肯定し将来の職業として目指す話。 「秘すべき事ではあるが恥ずべき事ではない」を命題として職種に誇りを持つ。 精神的に脆いゆうは何度も挫けかけるが、その都度声優パワーで復活していく。 同系統のテーマの作品…

言の葉舞い散る夏の風鈴「百花奏」シナリオの感想・レビュー

「完成度を求めて妥協するか、理想を追い求めて挑戦するか」問題について。 声優グランプリで奏が選んだ脚本は、足を怪我した陸上少女の百合友情リハビリ物語。 足が動かない車椅子少女の奏は自己の境遇に鑑み、そのシナリオに惹かれたのだが・・・ リハビリ…

言の葉舞い散る夏の風鈴 体験版の感想・レビュー

問題を抱えた少女たちが声優グランプリを目指す声優部の青春学園部活モノ。 少女救済×声優×部活×青春×学園という設定で鉄板のシナリオ記号の掛け合わせ。 声優モノでは演技で魅せる必要があるため、実際の声優さんに相当負荷がかかるよなコレ。 あと主人公く…

景の海のアぺイリア(製品版)の感想・レビュー

強制的に繰り返されるタイムリープから離脱し、AIアぺイリアを救うため、世界の仕組みを解明するはなし。 ループを繰り返しながら伏線が回収されていき、謎を解き明かしていくという構造を取っている。 そのため各ヒロインが全体像を成り立たせるためのパー…

景の海のアぺイリア 体験版2の感想・レビュー

今はやりのVRMMOを題材にバカゲーの皮を被せたSF系量子力学ゲーム。並行世界と多世界解釈と観測者。二重スリット実験。 ネトゲの死が現実の死に直結するデスゲームと化し、さらにアぺイリアが攫われたため救出を図るのだが…。 体験版2はタイムリープネタが…

景の海のアぺイリア 体験版1の感想・レビュー

今はやりの第四次産業革命モノ。IoTとか人工知能とかビッグデータ分析とか。すごく面白い。 偶然にも自我と感情のあるAIを開発した主人公くんがAIに五感を持たせるためにVRMMOを作ります。 シナリオパターンとしては「きちんとした専門知識に裏付けされてる…

なないろリンカネーション(シルキーズプラス) (2014-09-26)の感想・レビュー

霊視を持つ青年が鬼を使役し霊能探偵としてバラバラ殺人事件を解決するはなし。 基本的にシナリオは一本道であり、各√ごとに「メインヒロインが実は死んでました」に対するエンドが異なるだけ。 故に1周目は確かに面白く感じたが、以降はシナリオ回収と化す…